東山堂聖護院店玄関

東山堂聖護院店は、 日本刀や居合刀、甲冑といった日本古来の武具の専門店です。 2007年に京都・岡崎にオープンして以来、国内外の武道家の方々をはじめ、京都観光にお越しの方々など多くのお客様で賑わっております。

東山堂聖護院店一階入り口付近

聖護院店は、 アメリカ人建築家のジェフリー・ムーサスが築100年以上の町屋をリノベーションしたデザイナーズショップで、国内外のテレビ・雑誌等で多数取り上げられているユニークなお店です。その洗練された空間の中にも町屋の懐かしさがところどころに混在する、まさに温故知新を体現した構成で、多くの著名人も訪れるスポットです。

東山堂聖護院店一階居合刀売り場

一階には、居合刀と呼ばれる居合道の練習用刀剣や、武道用衣類、刀装具などが所狭しと並んでいます。またショーディスプレイも鎧兜や刀たちで彩られており、夜になればさらにその美しさを際立たせせてくれます。。

東山堂聖護院店階段木刀の陳列

二階へ通じる階段を上がっていくと壁には、様々な流派の木刀が壁を覆いつくさんと陳列されています。京都の町屋の階段は幅が狭くで急角度なことで知られていますが、もともとあった階段の踏板を活かしながら、蹴込を取りステップラダー状にすることで、現代の歩幅に合わせ、便利でありながらどことなくお洒落な空間を演出、まさに用の美を表現しています。

東山堂聖護院店二階商談室

階段を上るとアンティークや現代物の真剣、日本刀のショーケースが目の前に現れます。カウチソファーにゆったり座って商談いただくスペースもございますのでゆっくり真剣を手に取ってご覧いただけます。

東山堂聖護院店二階ショーウィンドウ

通り側には大きなウィンドウが、自然光を室内にたくさん取り込んでくれます。二階にも甲冑が通りに向かって陳列されていますので、後ろ姿しか見れないものもあるのですが、甲冑は後ろからみても美しいものだったと再認識いただけると思います。

東山堂聖護院店二階、刀剣甲冑展示室

二階もさらに奥へ進んでいただくと、和室に 繊細な光を放つ刀剣を飾っているショーケースと力強い威厳を放つ甲冑があなたを出迎えてくれています。ちょっと日常では味わいにくい不思議な気持ちになる空間が演出されています。

国内外を問わず毎日本当に多くのお客さまの来店でにぎわう店舗、それが東山堂聖護院店。京都のお越しの際はぜひお立ち寄りください。